一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.12.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:節約・やりくり
おはようございます、mrsmoonlightです☆
今回は 支出金額がほぼ決まっている固定費についてお話したいと思います。
 
我が家で固定費として扱っている項目は、以下のものです。
 ・電気代 4000〜5000円
 ・ガス6000〜15000円(プロパンなので高い!)
 ・水道3000〜4000円(2カ月の料金 2000円/月で計算)
 ・携帯代(夫のスマホ:10000円!高い! 私のガラケー:2000〜3000円)
 ・家賃 70000円
 ・カード返済 53000円
 ・インターネット関連 8000円
 ・奨学金返済 10000円 
 ・お小遣い(夫:3000円・私3000円)
合計171000〜182000円
 
【電気・ガス・水道・携帯料金】
上の4項目は月により変動するので、前月や前年の同じ月の金額を参考に
予算を組みます
我が家は給料日の段階で全て封筒に分けてしまいますのでこのような概算での
予算組みとなります。
 
なぜこのような仕組みにしているのかといえば、早い段階でお金の使い道を
確定したいのと、何より節約意欲が湧くからです!
前月の余り分は繰越せずに、次の月の入金の前にまとめて引き出して
貯金口座に移します。
現ナマで「これだけ節約できた!貯金できた!」と実感できるので
次の月もがんばろう!という意欲が湧いてきますよ!オススメです(笑)
 
全て口座振替ですが、足りなかったこともないですし、通知も確認しているので
問題ありません。
 
ただ夫のスマホ代が高いですね…。今月で端末代金の月割が終わるので、
来月からは少しは安くなると思いますが。
キャリアスマホ料金見直しの報道もありますが、動向によって格安SIMへの
乗り換えも視野に入れて要検討事項です!
 
 
【家賃】
世帯収入にしては高いかもしれません。
なぜなら私がショップ店員として働いていた時(手取り20万)に入居したからです。
でもこれは現状では「生き金」です。
なぜなら夫の職場まで徒歩5分以内、私の職場も自転車で5分かからない場所
にあるからです☆夫も昼食を取りに帰ってこられるので昼食代がかからない!
しかもスーパー等生活に必要な施設も全て徒歩圏内!
 
仕事が忙しく且つ家が大好きな夫のことやガソリン代・昼食代・時間の節約を考えると、
これは必要な支出だと考えています。
 
【カード返済】
この中にはスカパー!代なども含まれていますが、主にクレジット返済です。
これは決して高額な買い物のせいとかではありません。
ショップ店員時、私が数年間病気になってしまったため夫(当時婚約中)が
治療費と生活費としてクレジットを使ってしまいました。
夫は料理もできず、家計管理もできなかったので、カードを使うしかなかったようです。
収入に対してこの支払いは正直大変苦しいですが、夫が当時私の体と生活を守るために
したことと考えれば、協力して返していかなければという気持ちになりますね。
 
【インターネット費】
これはちょっと勉強不足で詳細がわかりません。ただパソコン本体0円で契約したために
2年の契約縛りがあるようですね。
 
【奨学金】
これは私の大学在学時にいただいていた奨学金の返済です。来年の9月に完済します!
 
【お小遣い】
一般家庭と比較して大分少ないと思います。かつてはもう少し多かったです。
こんなに少ない理由はいくつかあります。
 二人ともそれほど欲しいものがない。
 昼食は二人とも自宅でとれるため、費用がかからない
 私はお昼には帰ってくるので当然ですが、夫も職場が近いため食事に帰れます
 I廚凌場に飲み会がない
 でに数回ある双方の友人との飲み会は別予算(予備費)から出す
 テ鷽佑能个けるときの費用(外食含む)は別予算(遊興費)から出す
 ι廚お金を持つとタバコに使ってしまう恐れがある(禁煙中)


お互いに趣味もありますが、この範囲で収まっています。

固定費は夫の収入から、変動費は私の収入からと大まかに決めているので、
夫収入分からの貯金額は20000〜30000円くらいになります。
但し私の収入が少ないときは持ち出しになることも稀にあります。
 
長くなりましたが、次回は変動費について書いていこうと思います。
 
 
ちなみに夫の趣味は競馬なのですが、絶対お小遣いの範囲内でするという鉄のおきてがあります。
だから月に3〜4回、一日に数百円しか使いません。
しかも意外と馬券上手なので、だいたい年間プラス収支で終わります。
今年も既にプラス収支確定です☆
来年前半分の予算数千円を残し、あとは全て貯金にとそこそこの金額を渡してくれました!
ありがとう!ありがとう!

 

JUGEMテーマ:節約・やりくり

おはようございます、mrsmoonlightです☆
完成間近の原稿が消えてしまい、しょんぼりしながら再度書いています。

さて今回はお金に関する考え方「生き金」と「死に金」のお話しです。

まずは言葉の意味を調べてみると、以下の通りです。
 【生き金】使っただけの価値が生じる金銭。⇔死に金
 
 【死に金】 蓄えるばかりで、活用されない金。
       使っても効果がなくて、むだになる金。⇔生き金
      3 自分が死んだときの費用として、蓄えておく金。   出典:デジタル大辞泉

この記事では「死に金」は2の意味で取り扱っていきます。

この2つの言葉は「お金を価値ある使い方であるか否か」にあると思います。
でも何に価値を見出すかなんて人それぞれですよね?

我が家の家計には、一般的には無駄と思われる項目に予算を組んでいます(少額ですが)。
私たち夫婦が、少ない収入の中からでも支払う価値があると判断しているからです。

「貯金」は最終目標ではありません。笑顔で暮らしていくための手段の一つに過ぎません。
貯金のために何もかもを我慢して、笑顔のない生活を送っていては本末転倒というものです。

自分たちにとって価値あるものとは何かを考える → 
家計を見直し、無駄(=死に金)をなくす →
価値あるもの(=目標のための貯金も含む生き金)に使う

これこそ「少ない収入でも笑顔で暮らす」ためのプロセスであると思っています。
夫婦で価値観を共有する、または相手の価値観を理解することがまず第一歩ですね。

 

昨日はイオンモールでメガネを買ったのですが、うっかりWAONではなく
現金で支払ってしまいました。ポイント...。







 



 


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

amazon

ranking

ranking

ランキング表

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM